ブライダルフェア参加しなきゃ損!フェアの選び方3ステップ

式場探しの画像 節約術

こんな疑問ありませんか?

テレビや広告で「ブライダルフェア」ってよく見るけどお得なの?

結婚式って数百万もの大金がかかるので、お得にしたいですよね!

実はブライダルフェアってどれでもいいわけじゃないんです。

なぜなら広告費用や宣伝費用を上乗せしている業者もあるからです。

この記事でわかること
  • ブライダルフェア参加で出来ること
  • どのフェアを選んだらいいか
  • ブライダルフェア参加前の確認事項

ブライダルフェアを上手く活用すると、数十万円の節約になることもあります!

ブライダルフェアってなに?

ブライダルフェアの画像

ブライダルフェアはブライダル企業や結婚式場が新郎新婦に向けて開催しているイベントです。

参加せずとも予約や契約は可能ですが、たくさんのメリットがあるのでぜひ参加してみてください!

メリット
  • 会場見学ができる
  • 試食や試着ができる
  • 見積書を作成してもらえる
  • 特典や割引がある

会場見学ができる

ホームページやパンフレットではなく、実際の会場を見ることで式場の雰囲気を体感できます。

「挙式会場の雰囲気は?」
「披露宴会場の広さは?」
「ウェルカムスペースは?」

自分たちの希望に合う式場か当日のイメージを膨らませられます。

管理人アイ
管理人アイ

周辺の雰囲気も素敵で、ホームページではわからない部分も確認できます!

試食や試着ができる

フェアのイベント内容によって、料理の試食やウェディングドレスを試着できます。

料理はゲストの満足度に直結するとても重要なものです。

またウェディングドレスは1度着用してみると今後の衣装探しの参考になります。

見積書を作成してもらえる

会場見学でイメージを膨らませた後、見積書を作成してもらえます。

プロのプランナーに演出や装花などを相談して費用を算出してみましょう。

様々な特典がある

フェアや式場によって異なりますが、見積から割引があったり参加しただけで金券の特典があります。

会場も見学できて、特典がもらえるので一石二鳥の魅力があります。

管理人アイ
管理人アイ

とある会場では見学のみアマゾンギフト券5000円がもらえました!

予約サイトの選び方

ブライダルフェアの予約は2種類あります。

  1. 結婚式場の公式サイトから直接予約
  2. ブライダルフェアから予約

サイトや広告では2つめの「ブライダルフェア」が紹介されていることが多いです。

しかし、契約後の費用が最安値になるとは限りません。

以下の順番での確認がオススメです!

契約後の費用が安くなるフェア探し順番
  1. 結婚式場の公式サイト
  2. トキハナ
  3. 予約特典の多いサイト(トキハナ、ゼクシィ、プラコレ)

結婚式場の公式サイト

結婚式場の画像

希望の式場の候補がある場合には、まずは公式ホームページを確認してみてください。

ベストレート」と記載されていることがあります。

ゼクシィやハナユメなどのブライダル企業から予約すると、結婚式場からブライダル企業への広告料が新郎新婦の支払い額に上乗せされています。

公式ホームページに「ベストレート」の記載があれば、公式ホームページから予約

トキハナ

トキハナの画像
トキハナの特徴
  • 持ち込み料の交渉不要(一部を除いて)
  • 最低価格保証
  • 元プランナーさんが無料で提案してくれる
  • 提携の式場数が少ない

一部を除き、ドレス・ヘアメイク・お花・カメラマンなど持ち込み料が無料のため価格交渉の手間がありません

またトキハナの公式サイトには「最低価格保証」とはっきり記載されています!

「最低価格保証」の記載があるのはトキハナだけです(わたしが確認できた限り)

提携の式場数が少ないデメリットがありますが、まずは提携の式場をチェックしてみてください。

たくさん特典がもらえるサイト

ハナユメやゼクシィなどが有名です。

これらのサイトを通してフェアを予約すると、契約せず見学だけでも商品券など特典がもらえます!

2022年5月の一例

ハナユメ

ハナユメの特典
  • キャンペーン額:最大31,000円
  • 商品内容:選べるe-GIFT(nanaco、Amazonギフト券など)
  • 応募条件:2件見学+アンケート回答

ゼクシィ

ゼクシィの特典
  • キャンペーン額:最大50,000円
  • 商品内容:JCBギフトカード
  • 応募条件:3件見学+感想+写真提出

プラコレ

プラコレの特典
  • キャンペーン額:最大80,000円
  • 商品内容:一休クーポン
  • 応募条件:4件見学&成約+アンケート回答
管理人アイ
管理人アイ

キャンペーン金額のみ見るとプラコレがお得ですが、特典の受取には「成約(式場と契約)」が必要です。

式場と契約しないと特典は受け取れません。

成約(式場と契約)しない場合、プラコレだと特典は0円ですが、ハナユメやゼクシィを利用すると最大3万円~5万円お得です!

自分たちにあったサイトを利用してお得に式場探しをしてみてください!

ブライダルフェア参加前に決めておくこと

ブライダルフェアでは希望に沿って、見積書を作成してもらいます。

見積作成には日程やゲスト人数が大きく影響するため、なるべく正確になるよう事前に検討しておきましょう。

CHECK
  1. 挙式候補日
  2. ゲスト人数
  3. 予算
  4. 結婚式のスタイルや雰囲気
  5. フェアと挙式プランナーさんは同じか

挙式候補日

人気シーズンや六曜によって、価格が大きく変動します。

5月や10月・11月は気候が良く、予約の空きが少ないシーズンで1年前から予約が入ってることもあります。

また六曜について、ご自身は関心がなくとも親御さんが気にするケースもあるので事前に確認しておきましょう。

大まかな時期だけでも決めておくと、式場の空き状況や時期による見積りの違いを確認できます。

ゲスト人数

ゲスト人数は料理やドリンクの数量や人数ごとに複数会場がある場合に欠かせない情報です。

友達や会社関係のゲストをたくさん招待して華やかな雰囲気にしたいか、親族中心でアットホームな雰囲気にしたいか考えてみましょう。

結婚式の平均ゲスト人数は、60人~70人ほどです。

管理人アイ
管理人アイ

ゲスト28人(友人+親族)の少人数でアットホームな式にしました!

予算

平均額は以下のとおりですが、こだわればこだわるほど、費用も増加します。

一般的には、60名の場合、300〜360万円ほど!
『ゲストの人数 × 約5~6万円』と言われています。

Hanayume「結婚式にかかる費用、知っていますか?」

また初回見積から費用が上がることが一般的なため、初回見積+100万円を見込んでおくと安心です。

初回見積は全ての項目が最低価格で記載されていることが多く、打ち合わせが進むにつれて高額になっていきました・・・

管理人アイ
管理人アイ

初回見積から約100万円UPしました……

結婚式のスタイル

挙式スタイルは大きく分けて3つあります。

  • 教会式:チャペルで神に誓うスタイル
  • 神前式:神社で先祖の神々に報告する日本伝統のスタイル
  • 人前式:ゲストに誓いを立て、承認を得るスタイル(自由度が高い)

理想の挙式スタイルによって選べる会場が異なるため、事前にイメージしておきましょう。

フェアと挙式プランナーさんは同じか

フェア時の担当者のお人柄が式場決定の決め手になることもあります。

しかし、多くの式場ではフェア時の担当者と挙式プランナーさんは異なることが多いです。

実際わたしのインスタグラムの花嫁フォローさんから「挙式プランナーさんと合わず、フェア時の担当者に変更したい」というご相談をいただきます。

フェア時の担当者が気の合う方ならば、挙式プランナーもお願いできるか確認しておきましょう。

まとめ

ブライダルフェアは成約前に必ず参加しておきましょう。

  • 会場見学ができる
  • 試食や試着ができる
  • 見積書を作成してもらえる
  • 特典や割引がある

ブライダルフェアのオススメ検討順は以下です。

  1. 希望会場の公式サイトで「ベストレート」の記載有無を確認
  2. トキハナで希望会場を確認
  3. ハナユメ→ゼクシィ→プラコレで希望を確認

▼1番オススメな式場公式以外のブライダルフェアサイト

節約術
アイをフォローする
アイ

2021年9月軽井沢ホテルブレストンコートで卒花*形式・格式よりも少人数で温かみのある式を挙げました✨1.1万人フォローのインスタでは、花嫁さん向け相談会やってます!

アイをフォローする
ミニワライフ

コメント

タイトルとURLをコピーしました