【結婚式の実体験レポあり】アーティフィシャルフラワーってなに?

アイキャッチ画像
プレ花嫁
プレ花嫁
  • ブーケってどうやって決めればいいの?
  • どんな種類があるの?

花嫁のブーケって色んな種類や形があって、ブーケ迷子になっていませんか?

実はブーケは、お花のタイプと形の組み合わせで約20種類に分類できます。

まずはお花のタイプと形を知り、ご自身のドレスに合うデザインを選んでみてください。

この記事でわかること
  • お花のタイプ
  • ブーケの形
  • アーティフィシャルフラワーを結婚式で使った感想

お花のタイプ

ブーケで使われるお花には4つのタイプがあります。

  • 生花
  • アーティフィシャルフラワー
  • プリザーブドフラワー
  • ドライフラワー

メリット・デメリットを紹介するので、比較して検討してみてください。

生花

生花の画像

生花は、イメージどおり本物の生の花です。

  • 香りがある
  • 質感がリアル
  • 完成形の事前確認ができない
  • 長く残せない

アーティフィシャルフラワー

アーティフィシャルフラワーの画像

アーティフィシャルフラワーは、ざっくり言うと高級造花です。

「造花」とは言っても、よくある造花とは違い生花のような濃淡のある着色がされていて、生花をリアルに再現しています。

  • 前撮りと挙式で兼用可能=節約になる
  • 当日前に完成形を確認できる
  • “極”至近距離だと造花感あり
  • 香りはない

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーの画像

プリザーブドフラワーは、生花の一番美しい時期に色素を抜き取り、特殊な加工をています。

生花にはない色のバリュエーションあり

染料がドレスに付着する可能性あり

ドライフラワー

ドライフラワーの画像

ドライフラワーは、花・葉・茎を自然または人工的に乾燥させています。

  • オシャレな雰囲気
  • 手軽に入手できる

枯れている」とマイナスに感じる人もいる

ブーケの形

お花のタイプごとに特徴がありますが、アーティフィシャルフラワーではほとんどの形のブーケが作れます。

実際にcreemaで出品されているアーティフィシャルフラワー作家さんの商品をご紹介します!

すべてアーティフィシャルフラワーでお探しの方は覗いてみてください^^

ラウンドブーケ

ラウンドブーケの画像

Noriko flowerさん:
https://www.creema.jp/item/14074180/detail

ラウンドブーケは、丸い形が特徴的で最もベーシックなデザインです。

ボリューム感のあるドレスに合わせやすく、同じ種類の花でまとめると統一感が出せます。

キャスケードブーケ

キャスケードブーケの画像

Stella Bridalさん:
https://www.creema.jp/item/10146562/detail

キャスケードブーケは、「滝」のように上から下に向かう流れのあるデザインです。

トレーンの長いドレスと相性がよく、逆三角形のシルエットが体型を綺麗に見せる効果もあります。

クラッチブーケ

クラッチブーケの画像

実際にこちらのブーケを注文して、挙式・披露宴で使用しました!

fsroseberryさん:
https://www.creema.jp/item/11597370/detail

クラッチブーケは、シンプルに束ねた茎を見せるタイプのデザインです。

ナチュラルでシンプルにしたい方におすすめです。

リースブーケ

リースブーケの画像

RELISHさん:
https://www.creema.jp/item/3934264/detail

リースブーケは、輪の土台にグリーンや花をあしらったデザインです。

また、リース型には「永遠」「途切れない」といった意味もあります。

ボールブーケ

ボールブーケの画像

LemonCherieさん:
https://www.creema.jp/item/12770517/detail

ボールブーケは、全面が花で覆われた球体のデザインです。

和装と相性抜群です!お花を衣装の色と合わせ、カラフルにしても◎

実際にアーティフィシャルフラワーを使用した感想

実際の利用シーンの画像

挙式と披露宴でfsroseberryさん(https://www.creema.jp/item/11597370/detail)のクラッチ型のアーティフィシャルフラワーを使用しました。

介添えさんやゲストに「造花だったの!!?」と驚かれるほど、リアルで大満足です!

写真で見ても違和感なくアーティフィシャルフラワーを選んでよかったと思っています。

節約になる

わたしがアーティフィシャルフラワーを選んだ最大の理由は節約になるから!

式場で生花のブーケを注文すると4万円かかるのですが、1万円で購入できました。

また生花の場合、絶対記念に残したかったのでアフターブーケの注文も検討しましたが、

生花のブーケ(4万円)+アフターブーケ(5万円)=9万円と大幅な予算オーバー……

アーティフィシャルフラワーであれば、アフターブーケにしなくても挙式後も綺麗なまま残せるため、9万円-1万円で8万円の節約になりました!

持ち込みがラク

持ち込みダンボールの画像

わたしの場合、ネット注文だったのでダンボールに入って宅配便で受け取りました。

式場への持ち込みもこのままダンボールで!

アーティフィシャルフラワーは枯れず、傷まないので式場以外で注文しても持ち込みが非常に簡単です。

事前確認できる

生花のブーケは当日まで実際の物は見れませんが、アーティフィシャルフラワーであれば事前に完成形を確認できます。

サイズ感や色味など、当日「あれ?」となることがなく、安心して当日を迎えられました!

挙式後も飾れる

玄関装飾の画像

挙式後は他のウェディングアイテムと一緒に玄関に飾っています。

挙式後も思い出が色あせず、半永久的に残せます。

今後マタニティフォトなどでも使用しようと思っています^^

まとめ:アーティフィシャルフラワーはメリットだらけ

アーティフィシャルフラワーは、メリットがたくさんあります。

メリット
  • 半永久的に残せる
  • 節約になる
  • 事前に確認できる
  • 持ち運びしやすい
  • ほぼすべてのデザインが作れる

「生花へのこだわりはない」「挙式後も残したい」のであれば、アーティフィシャルフラワーはベストな選択になると思います。

\結婚式準備で次にやることに迷ったら/

卒花レポ節約術
アイをフォローする
アイ

2021年9月軽井沢ホテルブレストンコートで卒花*形式・格式よりも少人数で温かみのある式を挙げました✨1.7万人フォローのインスタでは、花嫁さん向け相談会やってます!

アイをフォローする
リア花ノート

コメント

タイトルとURLをコピーしました